GENIUS 取付けパーツ part5


Bianchi GENIUS への取付けパーツのご紹介も佳境に迫ってまいりました。

今回はハンドルバーとペダルといきますか。
ブレーキはまだここにありませんので、いずれご紹介します。

では、ハンドルバーから、
現在のところ、Cinelli のドロップバーが2種類用意されていて、
どちらを使用するか選択しなければなりません。

チネリ ジロ・デ・イタリアの復刻版から、

parts31parts32parts33
Cinelli GIRO D’ITALIA  Drop handle bar
ステムクランプ径:26mm
サイズ:40cm
素材:アルミニウム6061

次もチネリですが、Vintage モノです。どうぞ。

parts28parts29parts30
Cinelli Model 65 CRITERIUM
ステムクランプ径:26.4mm
パイプ径:24.2mm(厚み1.7mm)
サイズ:40cm
1970年代半ば頃からのモデルかと思われます。
Double old crest logo:チネリの二つの旧紋章ロゴがローレットの左右に入っています。
画像では見にくいですが、左右紋章に「CINELLI」と「MILANO」の文字が刻まれています。

※CRITERIUM:クリテーリウム(イタリア語・競争とか競技会の意)

前回、ご紹介した3Tのステムのクランプ径が26mmなので、Cinelli GIRO D’ITALIA を
取り付けることになりそうです。でなければ、別のステムを探すしかないのかな・・・。

次は、ペダルのご紹介。

parts36
KKT PRO VICⅡ (極東製作所 クイル型ペダル)
オーバーホール及び玉当たり調整でゴロゴロ感が無くなりました。
キャップを外す専用工具的なものが昔はあったのだろうが、
今はそんなものが手元にあるわけ無いんで、プライヤーで回して外す。
キャップはプラスチックにメッキなので慎重に・・・でも多少の傷は已むを得ません。
ペダルのベアリング1カ所につき11個のボールが、ペダル二つの合計で44個ってこと。

もう一丁のほうは、

parts37
GIPIEMME Sprint pedal

なんて読むのか良く分からん。ジピエンメなのか?ジピエメなのか?
ベアリングの調子は、いたって良好!

使用するペダルは、KKT PRO VICⅡに軍配が上がりました。
ってことで、GIPIEMME はしばらく眠ってもらいます。

おまけ
parts34
MKS MT-LUX COMPE

これは、別の自転車につける予定。

ではまた、次回もよろしくお願いします。


タグ: , , , , , , , ,

Top