たまにはシティーサイクルの修理


Wチャイルドシート仕様で、パワーアシスト自転車の修理依頼
内容はといいますと、事故によりひっくり返った時に、
ハンドルが横にズレてしまったとのこと。
幸いにも、お怪我は無かったようですので良かったですね。

他に、ヘッドライトもステーが変な曲がり方をしていたので、
修正してしっかり前を照らすようにして、
あとは各所点検をし、異常は無かったのでお渡しとなりました。

こんな感じで、ハンドルの向きとタイヤの向きがずれてます。
今回の自転車は、BRIDGESTONE Angelino
cgd_s_18 cgd_s_17

まずは、チャイルドシートを外すことから始まります。
ハンドル左右のチャイルドシート取付ブラケットを外し、
シート裏側のクイックリリースも外す。
cgd_s_28 cgd_s_27
シートのパッドも外すので、やはり裏側のナット(左右に有り)を外す。
cgd_s_26 cgd_s_25
パッドが外れると、シート本体を押さえているブラケットが現れる。
これを外すと、ようやくシート本体を外すことができる。
cgd_s_24 cgd_s_23
ヘッドが見えたなら、このてっぺんのボルトの頭を緩めることで、
ハンドル向きとフォーク(タイヤ)の向きが調整できるので、
しっかりと合わせて締め付けて、ばらす時と逆に全てを組んでいき終了。
cgd_s_20 cgd_s_21
一丁上がり!!
cgd_s_29

 

別件のお客さんの自転車のタイヤが凄かったので、
ついでにここに載せておきます。
これ、リアタイヤなんだけど、
一か所だけスリップスポットができていて、
数年乗ってタイヤ全体がすり減ってこんな風になっている。
当時、かなりの強いブレーキングでスリップさせたと思われる。
cgd_s_30
そして、フロントタイヤは8年近く換えていないらしい。
「亀裂」を通り越して、めくれて中まで見えてしまっている。
大変危険な状態(いつバーストしてもおかしくない)
ここまで使い込んだタイヤも珍しい。ってことで画像UP!
cgd_s_31 cgd_s_32
cgd_s_33 cgd_s_34
という訳で、前後タイヤ&チューブ交換いたしました。


タグ: , , , , ,

Top