Bianchi GENIUS 組立 その6(レバー・コントロールライン編)


ここのところ、組立の進み具合がスローになっております。
部品(ショートパーツ)の調達の遅れ、寒さ等が原因( ´▽`)

ブレーキやシフターのレバー取り付けやワイヤーの取り付けを紹介します。

ブレーキレバーは以前に「GENIUS 組み付けパーツ」で紹介済の
Shimano BL-7402 SLR を使用します。
bianchi_cgd148 bianchi_cgd147

では、
まず、レバー取付バンドを適当な位置にはめます。
bianchi_cgd141 bianchi_cgd144
大体の位置までスライドさせて、
bianchi_cgd143 bianchi_cgd142
ブレーキレバー本体の取り付け。
細かい位置調整は、オーナーさんが乗車出来るようになってから決めます。
bianchi_cgd146 bianchi_cgd145
生産も終了し、かなり時間の立っている製品なので、
消耗品など出回っていたら手に入れてストックしておくことをオススメ!
実際、オーナーさんは、このブレーキレバーのラバーは新品を予備でGETしてあります。


そして、次はシフティングレバー。
これも以前に「GENIUS 組み付けパーツ」で紹介済の
Shimano DURA-ACE SL-7700 を使用します。
bianchi_cgd26
説明書とにらめっこしながら、しっかりと作業していかないと
取り付けを失敗するので、ここは慎重に!
bianchi_cgd157 bianchi_cgd158
SISユニットや爪付きワッシャの向き等、細かい合せ作業があります。
SISはShimano Index System(シマノインデックスシステム)の略
(変速レバー位置決め機構により、カチカチッとリア変速できるシステム
bianchi_cgd159 bianchi_cgd160

次回は、サドル、ペダル、そして、ワイヤーの取り付けを行います。

作業も佳境に入り、あとちょっとなんですが、
ここからスローになってます。最終調整だなんだもあることなので・・では次回。


タグ: , , , , , , ,

Top